スノーボードのダサい板って何かな?と考えることがもうダサい

このブログにはスノー関連の記事が少しあるのですが、そこへの流入キーワードを眺めていたらある発見がありました。

【スノーボード ダサい板】という検索ワードでたどり着いてくれている人が一定数いるようなのです。どうやら「スノーボード初心者が知らないと危険なこと、知ってると役立つこと」という記事に引っかかっているみたい。

そこで、これはより適切な記事を書かないといけないなーと思えてきたので、タイトルのとおりのことを話します。

「ダサい板」って調べて、なんの情報を探してる?

Snowboard dasai 4板

【スノーボード ダサい板】と検索する人はどんな気持ちで情報を探しているのでしょうか?

  • これから板を買うからダサいと思われないものを選びたい
  • 今持っている自分の板がダサくないか心配
  • スノーボードのブランドでダサい/イケてるの感覚を知りたい

おそらくこんな感じかと思います。すべての人に共通しているのは、「自分はダサい板の所有者でいたくない」ということですね。

「ダサい板」と調べるときに、多くの人はブランドを基準に判断するんだと思います。数あるスノーボードブランドのなかで、どのブランドがかっこよくて、どのブランドが落ち目なのか。

はっきり言って、、その発想自体がだいぶダサいです。自分の信念やスタイルをもっと大事にしていきましょう。

どのブランドにも歴史やストーリーがある

Snowboard dasai 2グラフィック

たとえば例を出しますが、

「BURTONの板を使っていると言ったら笑われた。BURTONはダサいんでしょうか?」

という投稿を見かけました。

BURTONは今や世界的に名が知れていて有名なプロライダーも使っているトップブランドです。しかし、その知名度の高さゆえに「メジャーすぎる」と嫌悪する人もいるのです。

巨大ブランドへと成長したBURTONは、それだけビジネスライクに割り切ってきた面もあり、マーケティングに力を入れすぎたこともアンチが生まれた原因です。

でも考えてみれば、逆にいうとBURTONがなければ今のスノーボードはなかったということ。これだけ業界の成長に貢献してきた歴史のあるブランドを「メジャーすぎてダサい」と言うなんて、なんの理解もない浅はかな発言ですよね。

どのブランドにも必ず創業した人がいて、その想いを受けて板を作った人がいて、初期のころから目をつけて売った人がいます。ブランドはそうやってたくさんの人を経て、世の中に出ていくのだと思います。

ブランドという意味で言っているなら、各ブランドに敬意と誠意をもって自分の信じるものを選び取るのがスノーボーダーなんじゃないんでしょうか。

そうはいっても、グラフィックのダサい板はある

Snowboard dasai 5スノーボーダー

まあそうキレイゴトも言ってられず、グラフィック(柄)がダサい板というのはブランドを問わず存在します笑 ブランド全体としてダサいか、板の見た目がダサいかは別の話。

せっかくいいブランドなのに「なんでこの絵で売れると思った??」みたいなグラフィックはたまにあるので、残念です。

ただ、これはファッションと同じで「どれがダサい?」と人に聞くようなものではなく、個人個人の好みとセンスだと思います。

ダサカワという考え方もあるし、そのままだとダサい柄の板をステッカーでかっこよく見せてしまうほうが逆にイケてたりします。ダサいグラフィックの板であえて自信満々に乗りトリックを決めまくる、、とかも一周回ってスタイルが出ている気がします。

感覚は人それぞれ。「どれがダサいか他人の意見を気にしている」のがダサいことには変わりないです。

板よりもウェアを気にしたほうがいい

そうそう、ファッションと同じという話をしましたが、板がダサくないか気にしている余裕があったらウェアに気を使ったほうが100倍いいかなと思います。

一番センスが出るのも上級者がこだわるのも、ウェアの着こなしのような気がします。ダサいウェアの人はもれなく滑りも下手ですからね。

【ダサい板】なんて調べていないで、スノーボードを楽しむことが一番です!誰かに言われることよりも、自分が感じることを信じていきましょう。

おわり。

関連記事

スノーボードのインナーはヒートテックでいいの?運動に適した機能性で選びましょう

パーソナルトレーニングを2ヶ月受けてわかったこと【大切なのは効果ではない】

bestbuy-2018-books

2018年、読んでよかったマイベスト本5冊【誰にでもおすすめ】

sharehouse-tips-1

シェアハウス暮らしで役立つグッズ+上手くやるコツ【生活も人間関係も】

小型ワイヤレスイヤホンは5000円以下のGoNovateで十分すぎた【安っ】

bestbuy-2018-beauty

2018年、本当に買ってよかったもの【コスメ・ファッション部門】