カリブ海きってのリゾート地“バラデロ”のオールインクルーシブホテルに泊まる

キューバにあるビーチリゾートVaradero(バラデロ)でオールインクルーシブホテルに泊まってきました。

オールインクルーシブ(All-Inclusive)とは、宿泊費に食事・ドリンク・ビーチ・プール・その他施設利用の代金がすべて含まれているホテルのこと。

お財布を持ち歩かずに飲み食べ遊び放題!

今回泊まったMeliá Las Américas – All Inclusive(メリア ラス アメリカス – オール インクルーシブ )というホテルの様子をお届けします。

キューバ・バラデロの場所と行き方

バラデロの場所はここ。

細なが~く突き出した半島になっています。このイカコス半島全体がバラデロ。

Varadero 3タクシー

ハバナからは車で2.5時間くらいで、私はトリニダードから行ったので4時間ほどで到着しました。

移動は宿(CASA)で手配してくれるタクシーがおすすめです。クラシックカーに乗って向かいましょう!

Varadero 15プライベートビーチ

これがバラデロのビーチ。カリブ海に面しているので、ハワイやアジア諸国とはまた違ったビーチの感じが味わえます。

Varadero 13バラデロ天気

天気は暑すぎず、ちょうどよくカラッとしていて年中温暖!ちょっとだけ雨が振りましたが、ご覧のとおりほとんど晴れです。

 

ちなみに、バラデロからハバナに帰る方法の情報があまりないので書いておくと、

  1. ホテル近辺から出ているバス(事前予約制)
  2. タクシーで市街地のバス停まで行ってバスに乗り換え
  3. 高いけどホテルからタクシー1本

のどれかになると思います。

私は失敗して、ちょっと面倒な帰り方をしてしまいました。。バスは特に1日に何本もあるわけではないので、事前に帰りの時間と交通手段を決めておいたほうが心置きなく楽しめます。

バラデロのオールインクルーシブホテルはこんな感じ

Varadero 31ホテルエントランス

今回泊まったのは、Meliá Las Américas – All Inclusive(メリア ラス アメリカス – オール インクルーシブ )というホテルです。

(2日目に曇ってしまったので写真が暗めですみません、、)

オールインクルーシブとは、チェックインと同時に腕にパスを付けられて、それをしていればホテルじゅうのサービスが手ぶらで受けられるタイプのホテル。

ビーチでカクテルを頼むのも、バイキングレストランで好きなだけ盛って食べるのも、プールに入るのもショーを見るのもすべてフリーパス。セレブ気分を味わえます。

Varadero 6ロビー

ロビーは広々。なんとこのホテル、1泊1万5000円弱と破格なんです!

普通オールインクルーシブは高いけど、キューバのバラデロはとっても安いのも特徴。日本人にはあまり知られていない隠れた名リゾートと言えます。

Varadero 7クリスマス

行ったのが11月下旬だったためクリスマスの飾り付けをしていました。なんだか違和感のある飾りです笑

ホテル内の様子を紹介します。

 

美しいプライベートビーチ

Varadero 16ビーチ全体

このホテルに限らず、バラデロのリゾートホテルはだいたいプライベートビーチ付き。

カリブの海で思う存分遊べます。透きとおっていてきれい!

Varadero 14ヤシの木

ホテルのメインエントランスの対岸にビーチへの出口があり、このようなヤシの木エリアを抜けるともうそこはビーチです。

Varadero 27パラソル

席取り合戦はけっこうシビアでした。朝早めに行ってタオルを敷いておくのがポイントですね。

BARに近いエリアのいい場所から埋まっていってしまいます。丸1日同じところを使う人が多いので、朝にいい場所が取れないとわりと悲しいことになります……。

Varadero 28ビーチバー

ビーチBARでは、ビールからカクテルまでなんでもあります!お酒はピニャコラーダがおすすめ。サンドイッチなどの軽食もわりと美味しかったです。

Varadero 21ビーチお土産

ビーチではお土産も売っていました!別記事でキューバで買ったお土産を紹介しましたが、民芸品などはここで買ってもいいのかもしれないです。

Varadero 17バラデロ全体

それにしても、海は広くて美しい。。

Varadero 36マッサージ

マッサージブースのようなものもありました。受けませんでしたが、きっとマッサージも無料です。

Varadero 11夜のビーチ

夜のビーチも雰囲気があっていい感じです!

 

隣にはゴルフ場。アクティビティも充実

Varadero 19ゴルフ場

ビーチの隣には巨大なゴルフ場がありました!

私はゴルフをしませんが、何泊もして朝からここでゴルフをして、その後はホテル内のレストランやカフェでまったりする……というビジネスパーソンらしき人々の姿もありました。

Varadero 20ゴルフ場と海

絶景すぎる。

Varadero 18カリブ海

現地人っぽい感じがしますが、釣りをしている人もいました。こんな澄みわたった海で一体何が釣れるのか気になります。

他にもボートやSUPのようなアクティビティがあったり、日によってヨガなどのいろいろなプログラムがあるようでした。

フロントの横にアクティビティボードがあるので、好きなものがあれば参加できます。もちろん料金はかかりません!

 

敷地内あちこちにプール!

Varadero 37リゾート

ビーチだけでなく、ホテルの敷地内全体にあるプールもいい感じ!

ホテルは高さはなく平屋のひろーい感じになっていて、白い壁の建物が青い空とプールによく映えています。

Varadero 22プール中央

朝食後くらいの時間だと、このとおり誰もいませんでした……!お昼前後から混んでくるので、早めが狙い目かも。

Varadero 23プールバー

ちょっと写真がわかりづらいですが、まるくカウンターになっているプールBARもあります。ゆらゆら泳いできて疲れたらカクテルなんて最高ですね。ここではキューバ・リブレを飲みたい。

Varadero 24プールサイド

プールサイドにはテーブルスペースもあって、ヨーロッパ系のおじさまおばさまたちがトランプを嗜んでおられました。

Varadero 12夜のプールライトアップ

夜のプールもライトアップされて素敵!

 

レストランは事前予約がおすすめ

Varadero 35レストラン入り口

レストランは複数あってどこでも好きなところに入ってOKなのですが、人気のところほど予約がないと入れないようになっています。

特にディナーは、宿泊前に電話で予約を入れておくか、チェックインと同時に予約を入れるのがおすすめ。

Varadero 8ベジカクテル

バイキングレストランはかなり広く予約なしでも入れるので、どこにも入れない……ということにはならないと思います。

せっかくなので人気のレストランを抑えたい気もしつつ、正直バイキングでも十分です。むしろ好きなものが食べれられていいような気もします。

Varadero 9ミート

お肉も温かいしやわらかい。というか、目の前で焼いてくれます。前菜からデザートまでラインナップが充実していて、長期滞在者が飽きないように工夫されていました。

Varadero 10バイキング

美味しかったです!

Varadero 33朝食

朝食はこんな感じのスタンダードなイングリッシュスタイルに。

朝はコーヒーを無限に注いでくれるので、つい長居してしまいがち。もちろん1日中空いているので、朝食時間の指定はありません!(料理はお昼前に入れ替わりますが)

Varadero 32キューバンスープ

2日目はちょっと寒かったので、休憩で飲んだキューバ風スープが沁みた……。

Varadero 29サンドイッチ

外のビーチにあるBARでもサンドイッチなどが食べられます!

オールインクルーシブのいいところは、お腹が空いたときに好きなだけ食べられること。いくら高級なホテルでも、食事の時間が決められているとなかなか休まらなかったりします。

ビーチで泳いで疲れたらコーヒーだけ飲みに入る、とかもできるので、フリーダムに楽しめます〜。

 

広々2フロアのお部屋

Varadero 5リビング

お部屋です!

今回泊まったのは2フロアの広々したスイートルームでした。上の写真はリビング。ほのかに家っぽい感じが居心地よかったです。

Varadero 4ベッドルーム

ベッドルームはこちら。2階にあります。

あまり写真を撮っていなくてすみません。。他にも1Fにキッチン、2Fにはシャワールームとバルコニーがあり、そのまま住み着きたくなるお部屋でした。

Varadero 26部屋までの通路

お部屋への通路はこんな感じになっています。

 

お隣にはショッピングモール

Varadero 30ショッピングセンター

このホテルのエントランスからずーっと左のほうに歩いていくと、ショッピングモールがあります。

キューバってあまり大きなお店やデパートっぽい場所がないので、このショッピングモールはわりと楽しかったです。

キューバのお土産たちもほとんどここで買いました。ばらまき土産のチョコレートなども、ここのスーパーで買うのがおすすめ!

ちょっと欠点:敷地が広すぎる

あえてこのホテルのデメリットを上げるとすれば、敷地内が広すぎてめっちゃ歩くことです笑

運良く近い部屋だったらいいのですが、フロントから部屋まで5分くらい歩くとか普通にあります。まあその間にプールとかがあるので飽きないけど……。

迷路のようなので、方向感覚に自信がない人にはちょっとつらいかもしれません。そしてあまりにも広いので部屋に忘れ物は禁物です。

Varadero 2Wi Fiの

それからWi-Fiですが、別の記事でも書いたようにキューバ全土でインターネットが普及していないので、接続がちょっと大変です。

フロントでこのカードを1CUC(100円ほど)で購入すると、1時間だけWi-Fiに接続できるシステム。部屋まで行くと繋がりづらかったので、使うときはロビーで使ったほうがいいです。

それ以外は、概ね満足の滞在でした!

バラデロならではのいいところ

世界中にすばらしいリゾート地は数あれど、「バラデロだからこそ」の良さがけっこうあると思いました。

まず何より、安い

これだけのクオリティのホテルに1泊15,000円弱で泊まれるのは、世界中見てもキューバくらいじゃないかと。

たとえば東京でオールインクルーシブホテルに泊まると、1部屋7〜10万円くらいはします。他国のリゾートを見ても5万円くらいはするんじゃないかと。

キューバは治安もいいしサービスのクオリティをも悪くはないので、諸々条件など考えても破格かと思います。実は、バラデロは新婚旅行にもおすすめです。

日本人がいない

そんなすばらしいバラデロなのに、日本人からの知名度は低いです。。

私も今回キューバに行くまではビーチリゾートと聞いて「バラデロ」をあげることはなかったし、なんなら聞いたこともありませんでした。「メキシコのカンクン」は知っていても、その目と鼻の先にある「キューバのバラデロ」の観光情報は少ないです。

実際、3日間滞在して見た日本人は、カップル2組だけでした。

お客さんのほとんどが欧米からの方なので、逃避にはぴったりです。

ネットが完全にオフれる

バラデロで過ごしてびっくりするのは、パソコンやスマホをいじっている人が本当にいないこと。

それもそのはずで、先ほども少し書いたようにインターネット環境が悪いからです笑 カードを買えば使えるのですが、ほとんどの人はデジタルデトックスするようです。

「リゾートに行ってもついつい仕事の連絡を気にしてしまう……」

という人にはめちゃくちゃおすすめのバケーション地です!「国のせいだから仕方ない」と諦めて、気兼ねなく日本との通信を遮断することができますよ〜。

 

まとめ:おすすめのバラデロ滞在は、2泊してのんびり

Varadero 34カリブの風

おすすめは2泊3日です!

常夏のキューバとはいえ時期によっては天候が不安定なこともあるので、透きとおったきれいなビーチを間違いなく堪能するためにも、1泊だとちょっと短いかなと思います。

ただ、そんなに長居しなくても十分リラックスできます。3日目になると飽きてくるので、2泊くらいがちょうどいいかと笑

ホテルの様子は下記リンクからどうぞ!

» Meliá Las Américas – All Inclusive(メリア ラス アメリカス – オール インクルーシブ )|Expedia

 

▼古都トリニダードも素敵な街です

キューバを訪れたら絶対に行ってほしい街、トリニダード(Trinidad)を紹介します。 トリニダードの魅力はなんといっても街並みの美しさ。...

 

▼これからキューバ行きの人は準備もお忘れなく

2018年11月にキューバ旅行に行ってきたのですが、事前準備の情報がなさすぎて苦労しました……。キューバに入国するには、 海外旅行保険...

 

おわり。