未経験から広報に転職するのは可能。最短ルートを紹介します

広報という職種への注目が高まってきています。

「未経験だけど、企業広報に転職したい。どうすればいいんだろう?そもそも可能なのかな?」

という方向けに、まったくの異業種や経験ナシから転職できる最短ルートを解説します。

私は新卒でPR会社に入り、その後フリーランスを経て、小さな会社での広報立ち上げも行いました。PR会社時代にはたくさんの事業会社広報さんたちと一緒にお仕事し、フリー時代には自分自身が複数社の広報担当のように動いていました。

こうした経験から、さまざまな広報さんのキャリアを見てきたので、リアルな話ができると思います。ぜひよい転職につなげてください。

※同じ未経験でも「新卒」となるとちょっと話が違ってきます。この記事では、異業種からの転職を前提にします!

企業広報の仕事内容と、必要な経験・資質

Pr inexperienced 4

便宜上「広報」という言葉を使っていますが、英語ではPR=Public Relationsというのが広報のこと。

厳密には広報職には「行政や官公庁の広報」や「フリーランス広報」などもあるのですが、この記事ではわかりやすく「企業広報」に限定します。

根本の考え方としては、

「社会と良好な関係を築き、経営の基盤を整えていくこと」

が仕事です。「広報」は、マーケティング、ブランディング、広告、宣伝などと混同されやすいのですが、その目的や手法は少し違ってきます。

4つの概念の違いについてはこちらの記事で書いたので、気になる方はどうぞ。

 

広報・PRに共通する具体的な仕事内容は下記のようなもの。

▼一般的な広報の業務例

  • プレスリリース作成・配信
  • メディアリレーションズ
  • 取材、メディア問合せ対応
  • PRイベントの企画・運営
  • 自社メディアやSNSでの発信

企業のステージや業種によっても異なりますが、自社を取り巻くさまざまなステークホルダーと関係を築いていくために、あらゆるコミュニケーション手法を用いて情報をコントロールしていきます。

ただ「発信する」「アピールする」とは違い、「売上を伸ばす」という即時的な利益とも結びつけづらいという特徴があります。

 

PR会社だと複数のクライアントを並行して外部から見るのに対し、企業広報は自社の内部にもフォーカスした活動を行います。そのため、企業広報の場合は、こんな業務もプラスされてくることがあります。

▼企業広報ならではの業務一例

  • IR・危機管理
  • コーポレートコミュニケーション
  • 社内報の作成
  • 採用広報、人事との連携
  • 秘書的な調整業務

逆に、企業広報だとあまりやらないPR会社ならではの業務は下記のような感じ。

▼PR会社ならではの業務一例

  • 大規模なPRイベントの企画運営
  • 広告代理店との連携
  • インフルエンサーマーケティング
  • タレントキャスティング
  • キャンペーン等の事務局対応

より「代理店っぽい業務」も入ってきますね。

これは一例なので、まあどちらも混ざり合ってくることはありますし、代理店に任せがちな業務をインハウスで行っている企業もあります。

そしてこれらはあくまで実務面の話で、もっと経営戦略の上流からかかわり、企業のコミュニケーション全般を経営面から見ていくこともある職種です。最近は、「広報PR職は経営に近い」とも言われたり。

そういう職種なので、向いている人・向いていない人がいるのも事実です。まずは憧れだけで転職を考えるまえに、自分の適正を判断してみましょう。広報PR職に向いている人についてはこちらの記事でまとめたので、あわせてどうぞ。

 

「広報」は転職希望者が多い職種

Pr inexperienced 3

具体的なデータがあるわけではないのですが、感覚的に、広報になりたい!と言う人は年々増えている印象があります。

特に「女性に向いている仕事」としてメディアで紹介されることも多く、私の経験上からもたしかに女性にはおすすめしたい職種かなと思います。その理由は広報PRに女性が多いのはなぜ?「美人広報」「キラキラ広報」の真相も見てみてください。

 

「広報」はそもそも慢性的に人材が足りていないので、未経験でもこれから勉強してなれる職種です。ただし「誰でも簡単になれる」というわけではなく、専門職なので注意。。そのスキルを身につけるために堅実なのは、

PR会社で修行を積んでから事業会社の広報へ転職する

というステップだと思います。

個人的には、事業会社広報が上位とは思っていませんが、こういう流れでキャリアを考える人は私の周りにも多かったです。一応頭に入れておくといいかも。

ちなみに、PR会社は未経験でもけっこう入りやすいです。総合PR会社はいろんな業種を担当するので、逆に他業界での経験が活かせたりもするから。私が在籍したときも、未経験で中途入社してくる人はたくさんいました。

 

未経験・異業種から広報への転職もありえます

Pr inexperienced 2

企業広報の募集はたくさんありルートも開かれているので、異業種からでも転身できます。可能性が高い異業種などを見ていきます。

立場的に近い「マーケティング」や「広告」からの転身

  • マーケティング代理店
  • 広告代理店
  • 経営コンサル

このあたりは、クライアントの課題解決をするという意味で、PR会社と働き方が近いです。考え方なども共通するものがあるので、転職しても比較的なじみやすい。

とくにコンサルティング系の経験がある場合、より企業のトップに近い立場での広報部運営を任せてもらえることも、代理店としての経験があると、自社とメディアなどの板挟みになる広報の仕事には、確実に役に立ちます。

「広報」としての適正が身につきやすい他職種トップ3

その他に職種別でいうと、以下の3職種はわりと広報としての適正が身につきやすいと思います。

  1. 営業:対話してニーズを汲み取るスキルが磨かれている
  2. 人事:「人」を扱い関係をつくっていく仕事という意味では近いものがある
  3. 秘書:経営者に近い立場で機転を利かせて動くという点で親和性が高い

広報は社内でやる仕事と思っている人もまだ多いのですが、本来はどんどん外に出ていって人と会話する仕事です。TV局や新聞社に情報を売り込みに行くことは「メディア営業」といわれるくらいなので、元セールスマンは活躍しやすいと思います。

「人」や「気持ち」を扱う仕事という意味では、人事領域とも相性がいいです。最近は「採用広報」などもニーズが高まっているので、HRからPRへの転身はおすすめ。

また、秘書とも立場や振る舞い方が近いです。ただし、秘書は「守り」の要素が強いのに対して、広報は「攻め」で社長を外に出していかなければなりません。ここの価値観のギャップさえ切り替えられれば、秘書→広報の転身も向いています。

 

最近は、あまりにも広報人材が足りなすぎて、

「未経験だけど他職種の人に兼業でやらせてみたら案外向いていて、そのまま専任広報にしちゃった!」

という話も経営者さんから聞いたりします。

逆に、「エンジニアから広報」とか、「経理から広報」とかはあまり聞きませんね。。無理だとは言いませんが、思考回路的にあまり向いていないかもです。

ところで、広報PRの求人にはだいたい「PR会社や事業会社での広報経験3年」と書いてあるのですが、ただの目安なので満たせていなくても大丈夫。自分がもともと持っているスキルから、役に立てそうなことを見つけて自主提案してみましょう。

HOWのスキルよりも、WHYが合うことが重要

Pr inexperienced 6

最後に一番大事なこととして、「広報PR」という職種には、手法を身につけているかというHOWよりも、なぜ自分がそれをやるべきかというWHYのほうを優先すべきという考え方があります。

マルチなPRのプロよりも、事業に共感し心から広めたいと思ってくれる人を広報にすべき

ということです。

時間はかかるかもしれないけど、本気の想いがあれば未経験でもあとから手法を身につけていけます。でも逆に、愛とか共感とかって努力では生まれない。

特に事業会社の広報の場合だと、メディアとのコネがどれだけあるかとかプレスリリースが上手く書けるかとかよりも、

「誰よりもその企業と経営者のことを深く理解し、世の中に伝えていく覚悟と想いがあるか」

を見たほうがいいんです。

広報PRほど、個人的な好き嫌いや感情が仕事のパフォーマンスに影響する職種はありません。そういう意味では、未経験でも、やる気次第でフィットすることは必ずある!といえます。

具体的なステップは?未経験から転職までの最短ルート

Pr inexperienced 5

まとめると、未経験から企業広報になる最短ルートとしては、

  • PR会社での修行を経て、事業会社広報になる
  • 自分のキャリアから接点を探し、広報ポジションに自ら売り込む
  • スキルよりも愛と共感で自分が役立てる場所を探す

以上です!

もちろん、やると決めたらHOWのスキルも大事なので、コツコツ本を読んで考え方からインストールしていきましょう。広報PR系の本はこちらでまとめたので、まずは10冊読み漁るのがおすすめ。

広報・PR関連の読んだ本がだいぶ溜まってきたので、「これから広報・PRを勉強したいな〜」って人向けにおすすめ本を紹介します。 私は新卒でP...

 

私自身はPR会社→広報という順番でした。

PR会社は企画提案スキルも身につくし、大変だけど本当に鍛えられます。いきなり事業会社を目指すのも悪くないけど、そこまで急がないなら、広く業界全体を見てから狭く深くというステップを踏んだほうが将来的に遠くに行けるのかも。

まずは広報PR系に強い転職サイトにいくつか無料登録して、求人を眺めてみるといいですよ〜。

シンアド
広告・PR・デジタル業界に特化していて、他にない求人も見つかったりするので特におすすめ。〜35歳くらいまでの若手に強いです。

リクルートエージェント
おなじみのリクルート。大手だけあって求人数は多く、間違いない求人サイト。全体感をつかむためにも面談はしてみたほうがいいかも。

DODA
こちらも大手・優良企業が多いです。広報職の求人も多数あります。アドバイスやカウンセリングが丁寧。

 

▼広報に転職したい人向けのおすすめ記事
» PR会社への転職は、むしろ未経験のほうがいいのかも
» 広報PRに女性が多いのはなぜ?「美人広報」「キラキラ広報」の真相
» 広報に向いている人ってどんな人?役割・資質・スキルなど

おわり。

関連記事

jimetsu-office-worker-1

これだけは抑えておきたい、デキる人が自滅しないための会社員ハック

「自分がいないと回らない」は幻想です。責任感から会社を辞められない人へ

新卒で広報に配属されるのは難しいけど、道はある

採用・HRの新しいトレンド「アルムナイ」とは?【退職=裏切りの時代は終了】

フリーランスになりたい人&なった人に読んでほしい本・13冊

ストレングスファインダーをやってみました。上位5資質から考えたこと