神秘的で癒される、ヒンドゥー教徒の聖地「バトゥ洞窟」【クアラルンプール】

マレーシア・クアラルンプールの郊外にある観光地「バトゥ洞窟」を紹介します。

東南アジアの観光地といったらよくあるのが「洞窟」や「鍾乳洞」ですが、どんなもんかと行ってみると結構さびれてたりしませんか?ここはかなり賑わっているスポットなのでご安心ください笑

都心から車か電車で30分程度と手軽に行けます。

神秘的なパワースポット「バトゥ洞窟」

Batucaves 6

バトゥ洞窟は「ヒンドゥー教の聖地」と言われているパワースポットです。

マレーシアは多文化国家で、マレー系・中華系・インド系が混ざっています。その中で10%弱いるインド系のほとんどがヒンドゥー教で、彼らにとってバトゥ洞窟は知らない人がいないくらいの場所なんです。

マレーシアの人種・言語・宗教についてはこちらの記事でまとめています。

この洞窟ができたのはなんと4億年前らしく、ちょっと意味がわかりませんが、金をたっぷり使った仏像272段の階段などが有名です。中は涼しいので、暑いマレーシアでひんやりしに行くのもありですね。

バトゥ洞窟への行き方と詳細

クアラルンプール中心地からバトゥ洞窟までは、電車でたったの30分。

KLセントラル駅からKTMコミューターに乗って乗換なしです。料金は片道5.2RM(=約150円)と激安。

電車はとっても簡単で、KLセントラル駅からPLATFORM3の赤いラインに乗り、終点の「Batu Caves」という駅で降りるだけです。KTMコミューターは新しい車両なのできれいです。

駅から洞窟までは直結しているので、迷わずに辿りつけるはずです。

車で行くのもラクです。近くに駐車スペースがあるので、案内に従って停めましょう。

▼バトゥ洞窟の場所はこちら

料金:無料
定休日:なし(年中無休)
営業時間:8:00-19:00

バトゥ洞窟、行ってきました

Batucaves 1

車で行ったので、駐車場から歩きます。見えてきました。輝いてるー

Batucaves 2

この巨大な仏像がシンボル。高さ40Mほどあり、金をたっぷり使って作られているそう。そんなことより横の階段が恐怖……

Batucaves 3

カフェと売店があります。ここからハードな階段上りになるので、飲み物を買っておきましょう。

Batucaves 4

のぼります!階段は272段です。暑いので無理せず……

ここにサルがめちゃくちゃいるのですが、凶暴なので注意してください。一緒に行った人はペットボトルを取られていました。しかも開けて飲むんですよ、、サル怖すぎです。

Batucaves 6

中はかなり広くなっています!神秘的な空気を感じます。普段はこのように余裕がありますが、ヒンドゥー教のお祭りの日などはここがぎっしりインド人たちで埋め尽くされるようです。

Batucaves 5

インド人だらけ。

Batucaves 7

なにやら工事中でした。調べると、常に工事しているみたい。4億年の歴史をキープするのは大変なんですね。

Batucaves 8

一番奥まで進むと、天井が抜けています!自然光で癒される〜

Batucaves 9

ヒンドゥー教徒の人たちが祠のようなものを囲んで音楽を演奏してます。ここはインドかな?

Batucaves 10

マイペースに見たら帰ります。

Batucaves 11

後ろ姿もかっこいい。この階段の途中で横に入ると、有料の洞窟もあります。そこには入りませんでしたが、何人かまとめてガイドが案内してくれるみたいです。

車なら、ブルーモスクとハシゴもおすすめ

バトゥ洞窟はこんな感じでした。

クアラルンプールは都心よりも郊外に観光地が点在しているので、事前に行きたいところは決めておいたほうがいいかなと思います。

車で行けるなら、バトゥ洞窟とブルーモスクは続けて行ってしまえる距離です。近くはないですが、30分くらいで移動できます。ブルーモスクは荘厳すぎて感動するので、ぜひ。

観光地ってなにがあるの?と言われがちなマレーシアのクアラルンプール。おっしゃるとおりそんなにないのですが、ブルーモスクだけはぜひ見てほしいなと思...

バトゥ洞窟でヒンドゥー教、ブルーモスクでイスラム教を感じたら一気に2文化制覇ですね。マレーシアだからできる面白い観光だと思います!

おわり。

▼マレーシア関連記事
» 多民族国家マレーシアの人種は3種類。言語も宗教もいろいろです
» 透き通るブルーモスクで、南国風マレーシアン・イスラムアートにふれる
» 使い分けが大事。クアラルンプール市内の移動手段【電車・無料バス・Grab&Uber】