透き通るブルーモスクで、南国風マレーシアン・イスラムアートにふれる

観光地ってなにがあるの?と言われがちなマレーシアのクアラルンプール。おっしゃるとおりそんなにないのですが、ブルーモスクだけはぜひ見てほしいなと思います!

世界で4番目の規模だというブルーモスクでは、澄みわたる青の世界に浸れます。巨大なモスクにイスラムアートの細かい装飾が施され、建築物としてとても見応えがあります。

クアラルンプールからは、電車とタクシーで45分ほど。行き方や詳細情報含め、美しい写真付きで紹介します。

マレーシア観光で外せない「ブルーモスク」

Blue mosque 5

正式名称は、Masjid Sultan Salahuddin Abdul Aziz Mosque(マスジッド・スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・モスク)。めちゃくちゃ長い名前です。

クアラルンプール郊外にあり、青と白の透き通るような色合いから、通称ブルーモスクと呼ばれています。

その規模はなんと、24,000人を収容できるほどの大きさ。世界で4番目に大きいモスクです。

タイルやステンドグラス、レリーフなど、美しい装飾もたくさん。ムスリム大国マレーシアならではの観光地です。

アクセスと見学できる日時

モスクは宗教的な建物なので、見学料金等はなく無料でだれでも入れます。お祈りをしている間は入れないので、時間帯だけ注意してください。

場所はこちら。

電車で行くなら、KLセントラル駅からKTMコミューターに乗って、シャーアラム駅で下車します。片道は40分ほどで料金は2.5RM。シャーアラム駅からさらにタクシーに乗り、10分ほどで10RM前後です。

合計で50〜60分、350円程度で行けてしまいます。規模のわりにかなりお手頃。

私は車で行きましたが、車の場合はもっと早く行けると思います。

見学できる時間は、平日は合計で4時間、土日祝日でも5時間半ほどしかありません。金曜はお休みなのでご注意ください!

料金:無料
定休日:金曜日
見学可能時間:
【月~木】 10:00〜12:00 、14:00〜16:00
【土日・祝】10:00〜12:00 、14:00〜16:00、17:00〜18:30

 

南国✕イスラム教のブルーモスク内へ

Blue mosque 3

モスクのまわりにはヤシの木が生えていて、南国✕イスラム教というマレーシアならではの景観が見られます。この青いドームは、直径50mもあるとか。

Blue mosque 4

ドームのまわりにある4つの柱(ミナレット)は、高さ140m。これは世界で2番目に高いそうです。

Blue mosque 2

根本はけっこうな太さです。

Blue mosque 6

モスクの横には国旗が立っています。見学者はここではなく裏側の入り口から入ります。

Blue mosque 11

受付で名前を書き待っていると、ガイドさんが来て案内をしてくれます。モスク内は肌の露出がNGですが、青いガウンを貸してくれるので行くときの服装はあまり心配しなくて大丈夫そうです。

Blue mosque 7

青いモザイクタイル。細かくてきれい。

Blue mosque 8

モスク内は広くて、ガイドさんの英語の説明を聞きながらまわります。中庭のようなスペースもあります。

Blue mosque 9

ひんやり透明感のある大理石の廊下。白までも青に見える。神聖な空気が漂っています。

Blue mosque 10

天井はスカイブルーに透き通っています。美しい……

Blue mosque 12

お祈りするホールの天井。ここがドーム部分にあたります。音響に配慮して設計されていて、お祈りの声が響きわたります。

Blue mosque 13

床の柄も独特で、絨毯になっています。奥にはステンドグラスが見えますね。

Blue mosque 14

幾何学模様の格子が精巧すぎる。。

Blue mosque 15

モスクの出入口のところには噴水があります。たまたま虹が出ていました。

実は、ブルーモスクは日本人に特に人気

Blue mosque 16

私が行ったときは他に一組だけ見学者がいて、日本人の個人旅行者でした。

実はブルーモスクは、日本人の観光客がダントツで多いそうです。というか、日本のガイドブックには必ず大きくのっているけど、他の国ではあまり有名な観光地ではないみたい……?日本人にとってはモスクというもの自体がめずらしいし、写真映えするからですかね。

余談ですが、「日本ではめっちゃ人気で憧れの地だけど、世界的にはそうでもない観光名所」というのは世界にいくつかあります。

たとえば有名どころだと、オーロラやウユニ塩湖がそうですね。死ぬまでに絶対見たい世界の絶景!!みたいな感じで紹介されているけど、イエローナイフの観光客はほぼ日本人の団体ツアーですし(実際に行きました)、ウユニ塩湖の世界的認知度は低めです。。

勝手に「日本人は色合いがきれいで反射したりキラキラしたりするものに惹かれやすい」という傾向な気がしています。理由はよくわかりませんが、ブルーモスクもそれに当てはまっています。

その他クアラルンプールの観光地

クアラルンプールは特に観光地もないと言いましたが、実は郊外にはいくつかあります。

ブルーモスクに対抗するようにプトラジャヤに「ピンクモスク」があります。こっちは行けませんでしたが、女子が好きそうな感じです。また、ブルーモスクからもわりと近いバトゥ洞窟も手軽に行ける観光地です。

クアラルンプール市内だったらチャイナタウンのグルメおしゃれなカフェめぐりくらいかも。夜だったらナイトライフの楽しみ方6パターンもご参考に〜。

おわり。

関連記事

富山湾の絶景スポット「雨晴海岸」から立山連峰を望む

【写真50枚で見る】キューバ・ハバナの旧市街で街歩き。広場から路地裏まで

【2分でわかる】写真で見る「バスタ新宿」の行き方と乗り場の様子

【写真30枚で見る】マレーシア第3の都市“イポー”の街並みと美味しいもの

JR帯広駅から徒歩で行ける「帯広グルメ」2泊分【ランチ・ディナー・カフェこれで完...

内装クオリティ高め!シンガポールのおしゃれカフェ3店