キューバ・ハバナの空港から市内へのアクセス【タクシーがおすすめ】

これからキューバに行く人向けに、キューバ・ハバナのホセ・マルティ空港から市内へのアクセスについてまとめます。

日本からキューバに行く便はいくつかの経路がありますが、エア・カナダ(トロント経由)の深夜着便を選ぶ人が多いと思います。深夜着の便って、けっこう神経使いますよね……

でもキューバはわりと治安のいい国なので、深夜でもそんなに恐れることはありません。市内への行き方は簡単なので、ぜひ参考にしてください。

ホセ・マルティ空港からハバナ中心へは約2.5km

Cuba airport access 9 ハバナ中心部

この国会議事堂のあるあたりが、ハバナの中心「ハバナ・セントロ」です。

ホセ・マルティ国際空港(Aeropuerto Internacional Jose Marti)は中心部から見て南西の方角にあり、約2.5km離れています。これは、車で真っ直ぐに行けば30分ほどの距離

場所はここで、カラフルな道を通って市内に向かいます。深夜だと見えないと思いますが、なんとなく雰囲気は感じられるはず!

電車はないので、移動手段はバスかタクシー。ファーストドライブを楽しみましょう〜。

ハバナの空港に着いたら。タクシーorローカルバスの2択

Cuba airport access 3 空港の広告

ハバナの空港に着くと、さっそくこんなキューバ感溢れる広告がお出迎えしてくれます。ハバナ・クラブはキューバの有名なラム酒。お土産に買って帰るのを忘れないようにしましょう。

Cuba airport access 4 税関

税関のあたりはこんな感じ。深夜着でも人がたくさんいます!閑散としている感じではないので、ちょっと安心。

Cuba airport access 5 ホセマルティ空港内

ホセ・マルティ国際空港はコンパクトなので、迷うことはありません。市内へのアクセス手段はバスかタクシーがあり、比較すると下記のとおり。

【バスの場合】

  • 料金:0.4CUP(約2円)
  • 所要時間:約60分
  • 乗り場:ターミナル2から徒歩10分ほどのところにあるバス停

【タクシーの場合】

  • 料金:20〜25CUC(約2,000〜2,500円・交渉次第)
  • 所要時間:約30分
  • 乗り場:空港出口の目の前

なんと!ローカルバスだとたったの2円で市内まで行けちゃいます。ただし、バス停がけっこう遠い……。日本からの便はターミナル3に着くので、まずターミナル2まで移動し、そこからさらに10分ほど歩く必要があります。。

どうしても節約したい人の最終手段と思ったほうがよいかなーという印象でしたが、詳細な行き方はこのあと紹介します。

補足:キューバの通貨CUPとCUCについて

バスの料金はCUP、タクシーの料金はCUCと書いたのですが、キューバにはややこしいことに二重通貨制となっています。

これは本当にややこしくて、私も旅中はよくわからないままで、帰ってきて調べてやっと理解しました……。が、本当に歴史が絡んでいて相当ややこしいので、ここでは以下のように覚えておいてください。

  • CUP=人民ペソで、キューバ人用の通貨のこと。国民向けの施設などで使える。CUPで買えるものはだいたい安い。キューバ国内でしか通用しない。
  • CUC=兌換ペソで、観光客などキューバ人以外のための通貨のこと。海外からの輸入品などはこっちで購入。CUCで買えるものは高額。外貨との両替ができる。

安いならCUPがいいじゃん!?と思うかもしれませんが、これはあくまでキューバ人用のお金。観光客も使えないことはないのですが、ガイドブックなどには「節度をもってキューバ人たちの生活に入り込むようにしましょう」みたいなことが書いてあります。

社会情勢が大きく変動している国におじゃましている身なので、それなりに払えよってことかもしれません。

深夜便で着くなら迷わずタクシー

Cuba airport access 6 タクシー乗り場

深夜便で着く場合、そもそもローカルバスはもう走っていないです。。出口のところでこんな感じでドライバーが声をかけてくるので、交渉してイエローキャブに乗りましょう。

Cuba airport access 7 タクシーの列

最初は25CUCと言われましたが交渉したら20CUCでいけました。2人で割れば1人1000円ほどなので、そんなに高くありません。

キューバはまだクラシックカーが走っている国ですが、空港からのタクシーは普通に快適な車でした。

深夜なのに陽気なサルサ音楽を流しながら、30分ほどで市内へ到着です。

ローカルバスのほうがいい人は?

Cuba airport access 8 バス乗り場

それでもローカルバスが気になる!という人もいるかと思います。ローカルバスがおすすめなのはこんな人。

  • どうしても節約したい
  • 深夜便ではなく昼間に到着する
  • あまり重い・大きい荷物がない
  • バス停まで時間をかけても行ける
  • 満員でガタガタ揺れても気にしない
  • 60分の乗車でも気にしない

市内でちょこっと乗るならいいですが、空港から60分かけて市内へ行くのはけっこうしんどい気がします。。

それでも乗りたい人は、バス停の位置はこのあたりみたいです。がんばってください!

帰りはCASAでタクシーを呼んでもらいましょう

Cuba airport access 10 CASA

帰り、市内から空港に向かう場合は、宿泊先のCASAなどでタクシーを手配してもらうのがおすすめです。(CASAというのはキューバで普及している民泊。ここに泊まる人が多いと思います)

旅の途中で気づきましたが、直接交渉するよりも、CASAのオーナーの知り合いなどで手配してもらったほうが全然安く済むようです。

私は同じ空港→市内の距離で、帰りは15CUCでした(行きは20CUC)。こっちのほうが安心で安い!

以上、キューバ・ハバナのホセ・マルティ国際空港から市内へのアクセスでした。

これから行かれる方は、海外旅行保険証明書とツーリストカードの取得もお忘れなく。

2018年11月にキューバ旅行に行ってきたのですが、事前準備の情報がなさすぎて苦労しました……。キューバに入国するには、 海外旅行保険...

おわり。