Workstyle

Web会議の雑音をAIがカットしてくれる「Krisp」を導入してみました

リモートワークになると増えるのがオンライン会議(Web会議・テレビ会議)の頻度

毎日オンライン会議ばかりしている……という人も多いと思いますが、一人暮らしでないかぎり、雑音やノイズの心配がつきものですよね。家のなかでも、子どもの声や生活音など、どうしても入ってしまう雑音がたくさんあります。

そんな人が導入すべきノイズキャンセリングアプリ「Krisp(クリスプ)」を紹介します。PCにインストールして有効化するだけで、どのツールでもAIがかなり完璧に雑音カットをしてくれるアプリ。

もはやWeb会議のクオリティが仕事の質に直結してくるこの時代、相手を不快にさせないようノイズカットは必須です。ぜんぜん広告記事ではないのですが、普通によいのでぜひダウンロードを。

Web会議なのに、静かな環境が確保できない!という悩み

カフェで会議をするならもちろん、自宅にいたとしても避けられない雑音はたくさんあります。たとえば、

子どもの声、掃除機の音、音楽、ペットの鳴き声、インターホンの音、炊飯器など家電の音、同居人の声、救急車や消防車のサイレン、キッチンの食器の音

などなど。同僚やよく知った人との軽いミーティングならまだしも、取引先との大切な打合せや、大事なプレゼンの機会には、気が気でないですよね。

ミュート機能を活用するのも手ですが、自分がメインで話すときには意味がないし、ミュートを逐一切り替えるのも相手にとってストレスになるかも。

今やみんなリモートワークが当たり前の時代。静かな環境を確保することは、個人に責任が委ねられているともいえます。ハードですね。

AIが人の声だけを検知、ノイズを完璧にカットしてくれるアプリ「Krisp」

Krisp 1ダウンロードサイト

こちらが今注目の「Krisp」というアプリ。コールセンターなどでも導入されているらしいですが、最近はリモートワークの波に乗って、オンライン会議などで企業・個人のニーズが爆増中です。

利用シーンはこのように書いてあります。

リモートチーム、コールセンター、ポッドキャスター、オンラインストリーマー、オンライン講師、ゲーマー、専門家による遠隔サポート

たしかに、会議だけでなく収録系にもよさそうですね。会議以上にノイズをなくしたいかも。無料プランでも十分使えるとのことなので、私も導入してみました。

AIがノイズだけ拾ってカットしてくれる

Krisp 2ワンクリックでミュート

技術がすごいらしく、5万人の音声と2万種類のノイズをディープラーニングでAIに学習させ、「人の声」だけを正確に検知できるようになっているそうです。

一般的なノイズキャンセリング機能は、逆の音の位相を流すことで、周波数的に騒音を消すという方法が取られています。以前、ノイズキャンセリングイヤホンに関する記事でも書きました。

ノイズキャンセリングは必要ないかも。向いていなかった私が思うデメリット少し前の話ですが、ノイズキャンセリングイヤホンを買って数日で手放してしまったことがあります。 以前から「ノイズキャンセリング欲しい...

しかし仕組みがそもそも違うため、ノイキャンイヤホンよりも高い精度を実現しているみたい。

音の検知力がとにかくすごい

話題になっている理由は、キャンセリングの正確さ。

通常のノイキャンは、救急車のサイレンや叫び声などは周波数が高く、キャンセルする対象として検知しないようなのですが、Krispはそういう音も消してくれます。

声の高低や声質に関わらず、すべての人間の声だけを残してくれるのです。帽体な学習データの賜物です。

V-CUBEが国内独占販売をしている

「Krisp」は米KrispTechnologiesが開発・提供するノイズキャンセリングアプリケーションですが、日本国内では、ミーティングツールのブイキューブが2019年11月19日から国内独占販売を開始しています。

大手の販売ということで、安心ですね。2016年から開発に着手し、2018年には米国のサイト「Product Hunt(プロダクトハント)」で年間最優秀製品に選ばれているそうですよ。

ZoomもGoogle MeetもSkypeも、さまざまなアプリに対応。

Krisp 3環境サポート

なんと全世界600を超えるアプリに対応しているそうです。

よくオンライン会議に使われるZoom、Google Meet、Skypeなどはもちろん対象。デバイスにもすべて対応しているので、自分が普段つかっているマイクやヘッドセットに適用することができます。

あらゆる環境をサポートしているほか、法人向けプランも提供して万全の体制です。

Krispの導入手順は、パソコンにインストールするだけ

Krisp 4ダウンロード

まずは公式サイトからインストーラーをダウンロードします。Mac用かWin用か、お間違えなく。

Krisp 5インストール

ダウンロードが済んだら、手順に沿ってインストール。簡単です。

Krisp 6サインイン

インストールが完了して開くとサインイン画面が出てくるので、メールアドレスで登録します。

Krisp 7サインイン完了

ポップな画面でサインイン完了。

Krisp 8メール認証

メールに6桁の認証コードが届いているので、入力してください。導入はこれだけです。

Krispをミーティングで使うための設定

Krisp 9Macなら上部ツールバーから

インストールしてサインインも完了したら、Macの場合は上部のツールバーにこのようにアイコンが出てきます。(出てこない設定にもできます)。

ここで設定するのですが、使い方はかなりシンプル。

Krisp 10ツールバー設定

「マイク」と「スピーカー」のそれぞれで、「Remove Noise」というスライドボタンをオンにしておきます。これだけ。

フリープランでは、週に120分(2時間)使え、それ以上になるとアップグレードが必要。

ミーティング頻度にもよりますが、120分ということは、大事なプレゼンが週に2本できますね。本当に重要なミーティングや、特別うるさそうなときに絞って使うようにすれば、だいたいの人は大丈夫じゃないかと。

実際のノイズキャンセリング性能はどうか、感想

実際のところどうか、まだはっきりわかっていません。。

基本的にそこまでうるさい環境でミーティングすることがないのと、使っていない場合と比べるのがなかなか難しいから(会議を中断して聞くわけにもいかないしね)。

でも今のところ、うるさいと言われたことはないし、逆に相手がうるさいと感じたこともない。効果あるのかもしれないです!

かなり評価は高いようなので、試す価値はありですね。

ノイズレスなミーティングが当たり前の世界になりますように。

Krispを使ってみる

 

▼リモートワークに欠かせないアプリはこちら

Mac1台でも快適。手離せない仕事効率化アプリ10個【リモートワーク向き】リモートワークとなると、困るのがパソコンなどの使用機材です。 オフィスのデスクにはモニター、キーボード、マウスがあって……。快適に働く...

 

▼リモートワークをする場所はどこ?

リモートワーク、どこでする?「働く場所」はどう選べばいいのか考えてみる世界的な流れとして「リモートワーク」が流行っています。 でも、それまでオフィスで働いていたのに突然「リモートワークしていいよ」と言...

 

▼リモートワークに便利なツール

快適にリモートワークするために愛用しているツール&グッズ「リモートワーク」を当たり前にやるようになってから、3年くらいが経ちます。 最近は海外にいながら日本の仕事をやっています。職種は、...

 

おわり。

RELATED POST