海外一人旅に行ってみたいけど怖い人へ。これまでの経験から背中を押してみます

「海外一人旅って興味あるけど、怖くないの?」
「危険な目にあったらイヤだ……まだ死にたくない……」

海外一人旅に興味はあるけど怖い、という人、多いですよね。

私のまわりには一人でガンガン変な国に行っちゃう人が多いので感覚がマヒしてきますが、高校・大学の同級生や仕事関係の人と話していると、「怖くて行けない絶対無理」のほうがマジョリティだと気づきます。

でも全然興味ないわけではなく、「行ってみたい気持ちは少しあるけどそんな勇気ない」という人のほうが多い。

それはとてももったいないと思うので、そういう友人の背中くらいは押せればなーと思って書いてみます。

なお、この記事は「海外一人旅未経験の35歳くらいまでの女性」向けです。前半は男女ともに共感できると思いますが、後半は女性特有の「怖さ」について話します。

 

私の海外一人旅経験

Traveling alone 2

私が初めて「完全に一人で海外に行った」と言えるのは、19歳でフィジーに行ったときです。

↑フィジーってどこだか知らないと思うけど、日本の下のほうにある島です

とはいえ、旅というより1ヶ月ほどの短期留学。向こうで学校に通うのであまり孤独感はなかったです。

 

その後、参加型のボランティアツアーとか、友人と2人でのバックパック旅などを経て、21歳で1年ほどカナダに住みました。

このときに東カナダ(ハリファックス、プリンスエドワード島、ケベック、モントリオール、オタワ)を巡ったのが、初めての一人旅らしい一人旅かなと思います。

 

その後だと、NYやロンドン、ベルギー、タイ、スリランカなどが一人で行ったところ。部分的にひとり(現地合流とか)だと、東南アジアで数カ国行ったことがあります。

意外と、危ない国には一人で行ってないです。「一人旅全然怖くないよー!余裕!」とも思いません。普通に怖いところは怖い……。

その点では、まだだいぶ普通の感覚はもっているかなと思います。

 

海外で起こりうる「怖いこと」ってこんなこと

Traveling alone 1

「海外怖い!」と思うのは、何が起こるかわからない”未知度の高さ”が原因だと思います。

自分の経験や人から聞いた話をもとに、「どんな怖いことが起こりうるのか?」を洗い出してみます。

結局「どこにいたって怖いし、何人だって怖い」という結論になっていますが、事実なのですみません!

 

言葉がわからなくて怖い

相手の言ってることがわからない、自分の言いたいことも伝わらない。これは怖いですね。

1ミリもわからないと大変なので、せめて初一人旅は英語圏か中国語圏にしてみてはどうでしょう。アラビア語とかよりは気持ちが楽だと思います。

言葉は、意外とできなくてもなんとかなりますよ。

東南アジアバックパッカーのときは全然英語しゃべれなかったけど、なぜかコミュニケーションが取れました。信じられないかもしれませんが、なぜか取れるんですよ。

余談ですが、長野あたりのスキー場のレストハウスに行くと、「田舎のおばあちゃん店員」と「オーストラリア人の若いスキー客」が日本語と英語で会話しています。

意思があれば、ニュアンスで伝わります。言語なんてそんなもん。

●アドバイス
まったく通じないと大変なので、英語圏か中国語圏にしよう!実はしゃべれなくてもニュアンスで伝わります。

 

スリや盗難にあいそうで怖い

お財布とかパスポートとかすられたらかなり困りますねー。

でもこれって、

  • ザ・日本人観光客みたいな格好をしない
  • 貴重品はむき出しで持ち歩かない
  • 肌身離さず気をつけて過ごす

これだけで解決できます。魔法じゃないんだから、しっかりホールドしていれば盗られることはありません!

私はヨーロッパにもわりと行っていますが、スられた経験はありません。

それでも心配だったら、スペインとかイタリアとかスリの多そうな国には少し慣れてから行きましょう。

●アドバイス
スリの多そうな国は避けて、観光客っぽいふるまいをせずに気をつけて過ごせば全然大丈夫。

 

事故とかにあいそうで怖い

事故にあう確率は日本にいても同じです。どこにいたって、明日車にハネられる可能性だってゼロじゃない。

「交通事故の多い国」というのはたしかにあるので、まずは先進国に行ってみるのがいいかなと思います。

保険には入っておきましょうね!

●アドバイス
事故はどこにいたってあう!保険に入って注意深く過ごしましょう。

 

テロに巻き込まれそうで怖い

テロは怖いですね。避けたい。

でも1人でも2人でもツアーに参加していても、巻き込まれるときは巻き込まれます。テロは国家でも予測できないので、仕方ない。

治安をチェックして、危なくない国から初めてみましょう。

●アドバイス
テロなんて何人でいたって避けられない!怯えてたらどこにも行けない!

 

詐欺にあったりしそうで怖い

ぼったくりは普通にあいます。数万円くらいまでならネタにしましょう。

私はベトナムでタクシー代を10倍くらい取られたし、北京では偽札を5000円分くらい掴まされたし、自称ガイドに付きまとわれた経験も何度かあります。

何人でいてもぼったくられるし、むしろ数人で群れているほうがターゲットにされやすいかも。ひとりなら警戒心が強くなるので、逆に騙されないような。

 

仲良くなって一緒に飲んだ人に身ぐるみ剥がされ……みたいな話も聞きます。

2人だけで飲むのはなるべく避け(近くの旅人などを誘い)、どんなに信頼できると思っても、席を立って戻ったあとに同じ飲み物には口をつけないように。

薬とか簡単に盛られますので。。

●アドバイス
多少の騙されは旅人なら全員経験しています。ネタにする覚悟で、薬系だけは気をつけましょう。

 

銃を突きつけられたりしたら怖すぎ

これは怖すぎです。死を覚悟しますね。

さすがにこの経験はありませんが、まあ滅多にないといえばないですよね。

こればかりは何人でいても怖いです。そもそも「誰かと一緒なら安心」という油断がいちばん危険なので、あまり関係ない気がします。

●アドバイス
誰と一緒にいようと、本当に危険なときは危険だし、複数でいるから避けられるものでもない。

 

襲われたら怖すぎ

夜道は絶対一人で出歩かない、という基本ができれば大丈夫かと。

スペインで変な人に全力追走されたことはありますが、無人エリアでない限りそのまま襲われることはないと思います……。

レイプ被害とかが多い国には行かないことです。国選びは大事ですね。

いくら一人旅に慣れていても、どこにでもホイホイ行く人は少数です。治安もちゃんと見ておきましょう。

●アドバイス
国選びを慎重にして、夜道をひとりで歩かない。自分を過信しない。

 

女性特有の「怖い」の感じ方は、個人差が大きい

Traveling alone 3

事件系・犯罪系の怖さが多いですが、女性はやっぱり男性の倍怖いです。男絡みで。

これは人によって「怖い」の感じ方レベルが違うんですよね。

たとえば前に、

ホステルに女性一人で泊まったら男性と同室にされて、パンツ一丁の男性がノックもせずに部屋に入ってきたりしてとても怖い思いをした。

というような体験談を見ました。

海外のゲストハウスに泊まるとパンツ一丁の男性は普通に歩いてるし、笑顔で“Hi! ”とか言ってきます。だから「これで怖いのか……いろんな人がいるな」と思っちゃうんですよね。

 

私は基本的に女性専用ドミトリーに泊まるようにしていますが、たまに(というかわりと頻繁に)手違いで男女共同部屋になることがあります。

イカツイ欧米人が半裸でEDMかけてたりしますが、襲ってくるような人はいないですよ。そんな猿を見るような目で見ないであげてください笑

 

他にも女性ならではの怖い関係でいうと、

  • 知り合った男性に車で真っ暗な山奥に連れて行かれた
  • ホストファザーにしつこく付きまとわれた
  • メンヘラ男から旅中に永遠にメールと電話がくる
  • ルームメイトが豹変して襲い掛かってきた

とかの経験がありますが、最終的には面白エピソードになってくれています。ナンパされるだけで怖い人もいるようなので、気の持ちようかなーという気がします。

 

「コイツヤバイ感」の察知能力はとても大事

Traveling alone 5

とはいっても、「なんかこの人ヤバイんじゃないかな……」という雰囲気を察知する勘みたいなものは大事です。

「旅先で仲良くなった人の家に招待されて〜」とか、よく聞きますよね。人との交流は大切ですが、危ない人を見分ける目が養われていないうちはむやみに着いていかないほうがいいですね。

 

以前、留学生の女性が男についていって殺されてしまった事件がありました。

私はニュースで映像を見て「コイツ見るからにヤバイじゃん、、」と思ったのですが、この嫌な勘どおり、犯罪歴だらけの男だったと報道されていました。

どこがと言われるとうまく説明できなくて、女の勘みたいなやつなのですが、多くの外国人と話しているとこの感覚はわかってくるのかなと思います。

日本人同士なら、軽く話しただけで「コイツヤバイ感」ってわかりますよね。出で立ちとか振る舞いとか表情で。それと同じようなことです。

海外に初めていくなら、まずそのサンプル数を増やしたほうがいいかなと思います。

リスク回避・安全対策は入念に

Traveling alone 4

それからそれから、事前にできるリスク管理・安全対策はしっかりしておきましょう。

まずは海外旅行保険には必ず入ること。現地で事故・事件に巻き込まれたときはもちろん、ちょっとした盗難や、失くし物・ロストバゲッジ(飛行機の預け荷物が届かない)などにも対応してくれます。保険があれば、怖さはだいぶ減らせます。

おすすめは、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持つことです。私が持っているのはエポスカードですが、入会・年会費無料で保険がついているので、作らない理由がないですね!



 

 

あとは盗難防止に、サブバッグは斜めがけできるものが定番です。

 

ゲストハウスなどで役立つので南京錠も持っておくと便利です。(TSAロックがおすすめ)

 

怖くて海外一人旅に行けないのはもったいない

ときどき怖いこともありますが、自由気ままに過ごせる一人旅だからこそ楽しいこともたくさんあります。

誰も自分のことを知らない空間なので、オープンに過ごせますよ〜。

最後に、個人的に初一人旅におすすめの国ベスト3をあげておきますね。

  1. 台湾:
    近いしコンパクトだし、治安もいい。人が親切でごはんが美味しいです。観光スポットもまとまっていて回りやすい。
  2. タイ:
    アジア感は残しつつほどよく発展していて、活気があります。日本人や日本食屋も多いし、交通も簡単。初心者フレンドリー。
  3. マレーシア:
    他のアジア諸国よりも街がきれい。人が温厚で英語も通じます。移住したい国ナンバーワンだし、とても過ごしやすい。観光地はあまりないけど。。

 

余談ですが、先日、旅人採用っていうサービスがでてきていました。
» 旅人採用|旅人のための就職・転職支援サービス

旅って楽しいだけじゃなくて、いろんなスキルもつくと思うんですよね。人間力というか。

こういうスキルってバケーション的な旅行では身につかないので、やっぱり一人旅は全人類におすすめしたい。

ちょっとだけ勇気がでたら、ぜひ行動に移してみてください〜。

旅系の記事いろいろ書いているのでぜひどうぞ。

TRAVELの記事一覧

おわり。